COCORO BOOKSの漫画・電子書籍サイトのメリット・デメリット

電子書籍ストア

ここでは【COCORO BOOKS】について紹介したいと思います。

「COCORO BOOKS」漫画・電子書籍サイトのメリット、デメリットなどを紹介したいと思います。

漫画掲載数 全体で言うと少なめか
ジャンル ジャンルは少なめ
料金 セールや月額定期ポイントでお得になる
使いやすさ
無料で読める漫画 1万冊以上読める

COCORO BOOKSとは

COCORO BOOKSはシャープの電子書籍ストアです。

漫画・コミックをはじめ、小説、ラノベ、写真集、雑誌など25万冊以上の電子書籍がラインナップされています。

無料の電子書籍も1万冊以上で無料で読める書籍も多いです。

また、雑誌・新聞の定期購読サービスも行っています。

COCORO BOOKSポイントというポイントシステムがあり、これを利用することで通常よりもお得に書籍を購入できます。

・シャープの電子書籍ストア
・漫画・コミック、小説、ラノベ、写真集、雑誌など
・25万冊以上の電子書籍
・雑誌・新聞の定期購読サービスあり
・COCORO BOOKSポイントでお得に購入できる

ジャンルと作品数

ジャンルは漫画・コミック、小説、ラノベ、写真集、雑誌などがあります。

漫画の掲載件数で言うと

少年マンガ 6,655件
少女マンガ 11,830件
青年マンガ 18,849件
女性マンガ 16,542件

となっています。

他の電子書籍ストアと比べても件数は平均的かなという感じです。

料金

通常購入もできますが、ポイント購入するとお得になります。

ポイント購入は【月額定期ポイント】と【即時ポイント】があります。

月額定期ポイント

プラン 支払い額 付与ポイント
エントリープラン 1,000円 1,050pt
プロンズプラン 2,000円 2,130pt
シルバープラン 3,000円 3,240pt
ゴールドプラン 4,000円 4,400pt
プラチナプラン 5,000円 5,500pt
ダイヤモンドプラン 10,000円 11,500pt

即時ポイント

プラン 支払い額 付与ポイント
トライアル10 980円 1,000pt
スモール30 2,900円 3,000pt
ミドル50 4,800円 5,000pt
ビッグ100 9,500円 10,000pt
マックス200 18,800円 20,000pt

月額定期ポイントが若干お得になります。
継続して購入される方はこちらですね。

COCORO BOOKSのメリット・デメリット

COCORO BOOKSのメリット

・キャンペーンが豊富
・日本経済新聞 電子版購読がお得になる

キャンペーンが豊富

日替わりセールや期間限定のキャンペーンも頻繁に行われています。

新聞の定期購読サービスがある

COCORO BOOKSで日本経済新聞 電子版を申し込めば、毎月お得に日本経済新聞社の「日経電子版」を購読できます。

どういうことかというとCOCORO BOOKSポイントを活用すれば毎月4,000円のお支払いで4,400円分のポイントもらえるのでお得になるということです。

COCORO BOOKSのデメリット

・雑誌の定期購読サービスは損
・マンガのジャンルは少ない

雑誌の定期購読サービスは損

雑誌の定期購読サービスがあるのですが、通常価格よりお得に購入できるサービスなのですが、雑誌に関しては月額料金で見放題のサービスを提供しているところがいくつかあるのでそちらが圧倒的にお得です。

Tマガジンのメリット・デメリット|雑誌読み放題でTポイントも使える
ここでは【Tマガジン】について紹介したいと思います。「Tマガジン」漫画・電子書籍サイトのメリット、デメリットなどを紹介したいと思います。雑誌掲載数〇約550誌以上ジャンル△ニュース・総合誌・ライフスタイ...

マンガのジャンルは少ない

男性漫画、女性漫画などは他と比べてもあまり変わらないくらいのラインナップかなと思いますが、全体的にはジャンルも少なめな印象です。

まとめ

まずCOCORO BOOKSというとあまり知名度もありませんが、シャープの電子書籍ストアということで運営会社は大手です。

作品は漫画・コミックをはじめ、25万冊以上ということでまずまずといったところです。

ただ、他では60万冊以上という電子書籍ストアもあるのでそれと比べると劣ります。

日替わりセールやキャンペーンなどでお得に購入できたりもしますのでまずまずですが、購入の際お得になるポイント購入などは他の電子書籍ストアのサービスの方がお得です。

しいて言うなら日本経済新聞 電子版の定期購読サービスがお得になるので良いのかなというところです。

総合的にみると他の電子書籍ストアも選択肢になるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました