DMM電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍ストア

ここでは【DMM電子書籍】について紹介したいと思います。

「DMM電子書籍」漫画・電子書籍サイトのメリット、デメリットなどを紹介したいと思います。

漫画掲載数 まずまず
ジャンル 雑誌などの取り扱いはない
料金 セールなどもある
使いやすさ 個人的には使いやすい
無料で読める漫画 結構ある

DMM電子書籍とは

DMM電子書籍は漫画以外にもビジネス書や写真集など様々な書籍が掲載されています。

さらに掲載数も多く、様々な書籍がラインナップされています。

無料で読める作品が数千作品あって1巻など読めたりしますからまずは読んでみるのも良いと思います。

セールやクーポンなどもあるのでお得に購入できます。

ジャンルと作品数

ジャンルは

■少女・女性向けまんが
■少年・青年向けまんが
■TL・レディコミ
■BL(ボーイズラブ)
■ハーレクイン
■写真集
■ビジネス・実用
■文芸・ラノベ
などで
 
掲載数は
少年コミック 9,376件
少女コミック 12,915件
青年コミック 20,374件
女性向コミック 15,458件
BLコミック 19,377件
BL小説 8,519件
TLコミック 13,854件
TL小説 5,902件

※2020年3月11日

などとなっています。

料金

料金体系は月額制ではなく買い切りになります。

500円 505pt
1,000円 1,010pt
2,000円 2,020pt
3,000円 3,030pt
5,000円 5,050pt
10,000円 10,100pt
30,000円 30,300pt
50,000円 50,500pt

これはクレジットカード払いの場合は1%ポイントバックになり少しお得です。

支払い方法

クレジットカード
PayPal
あと払い Paidy
BitCash
WebMoney
ドコモ払い
au WALLET
auかんたん決済
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
銀行振込
コンビニ店頭支払い
楽天ペイ
Edy
Suica モバイルSuica

割引クーポンなどもあるので利用して購入するとお得になります。

いろいろな書籍をまとめて読みたいという方よりは読みたい書籍が一つとかあるという方におすすめかと思います。

DMM電子書籍を実際に使ってみた感想

まずDMMのIDをもっていればそれを使ってログインできます。
ない方は無料会員登録などが必要です。

掲載されている作品数を見てみるとまずまずあります。
すごい多いわけではないですけどね。

初めの1巻から数巻は無料で読める作品もそれなりにあります。

セール品やクーポンもあるのでお得に購入することもできたりします。

支払い方法もいろいろありますし、使いやすいかなと思います。

DMM電子書籍のメリット・デメリット

DMM電子書籍のメリット

・18歳以上可の作品が充実

18歳以上可の作品が充実

DMMの一番のポイントはここだと思います。

アダルト関係の書籍が充実しているところです。

DMM電子書籍のデメリット

これといったデメリットはないかなと思います。

こういった方におすすめ

・DMMユーザーの方
・アダルト関係の書籍を探している方

といったところかなと思います。

まとめ

作品はまずまずありますし、無料で見られる作品もそこそこあります。

支払い方法もいろいろで利用はしやすいと思います。

特にアダルト関係の書籍は多いのでそういったところが目的の方は特にチェックしておくと良いのではないでしょうか。

あと初回限定で全作品50%OFFのクーポンがもらうことができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました