マンガワンを使ってみた感想|メリット・デメリット

漫画(まんが)アプリ・サービス

ここでは【マンガワン】について紹介したいと思います。

私も実際に「マンガワン」を使ってみたので感想、メリット、デメリットなどを紹介したいと思います。

会員登録 不要で利用できる
漫画掲載数 それほど多くない(100作品ほど)
使いやすさ 広告とかもほぼ出ないので使いやすい
無料で読める漫画 一日数話ずつなら読める

マンガワンとは

マンガワンは小学館が運営する漫画アプリです。

掲載作品自体はすごく多いわけではありませんが人気作品から小学館でしか読めないオリジナル作品が掲載されています。

「ライフ」などで無料で読める漫画もあります。

ポイントをまとめると

・小学館が運営する漫画アプリ
・掲載作品は100作品ほど
・マンガを読む方法はいろいろ(ライフなど)

マンガを読むために必要なもの

マンガを読むためには

・無料
・ライフ
・SPライフ
・チケット

などがあります。

無料

最初の1話目などは無料で読める漫画ばかりです。

それ以降はライフなどが必要になります。

ライフ

1ライフで1話漫画が読めたりします。

4ライフまで貯まっていて毎日午前9時と午後9時に回復するので1日最大8話読めるということになります。※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

ただ、このライフでは読めないものもあります。

SPライフ

SPライフは広告利用(登録や契約など)したり、1日1回動画広告を見るとSPライフがもらえます。

SPライフがあれば最後まで読みきれる漫画も多いです。

チケット

チケットを購入することもできます。

チケットをまとめて購入するとSPライフがプラスもらえたりもします。

では実際にマンガワンを使ってみたので紹介したいと思います。

マンガワンを実際に使ってみた感想

まずはアプリをダウンロードします。

そうするとSPライフが50もらえました。
1SPライフで1話なので50話分もらえたということになります。

その後いろいろなマンガを見てみると100作品ほど掲載されていました。

最初の1話は基本いつでも読めて、そのあとはライフが必要だったりSPライフが必要だったりという感じで読み進めることができる感じでした。

マンガによってライフで読めるものSPライフが必要なものなどいろいろでライフは勝手に貯まっていくのでそれで読める本は読みきれます。

SPライフは動画広告を見ると1SPライフもらえるのでほとんどの作品で毎日1話とかゆっくりなら一応最後まで読み進めることができます。

ではマンガワンのメリット・デメリットを見てみたいと思います・。

マンガワンのメリット・デメリット

マンガワンのメリット

・アプリをダウンロードするだけでいい(会員登録不要)
・無料でいろいろな漫画が読める

アプリをダウンロードするだけでいい(会員登録不要)

アプリをダウンロードするだけで漫画を読むことができます。

登録などはしなくても良いので手間はほとんどないと思います。

無料でいろいろな漫画が読める

漫画を読む方法はライフ、SPライフ、チケットといろいろありますが、SPライフまでは無料でもらうことができるので無料で漫画を読み進めることもできます。

マンガワンのデメリット

・掲載作品がそれほど多いわけではない

掲載作品がそれほど多いわけではない

掲載されているのは100作品ほどということでそれほど多いわけではありません。

ただ、オリジナル作品もありますし、面白い漫画が見つかるかもしれません。

こういった方におすすめ

・面白い漫画を探している
・ゆっくりでもいいから無料で読みたい方

といったところかなと思います。

まとめ

掲載数は100作品程度ですが、小学館が運営する漫画アプリということで小学館でしか読めないオリジナル作品が掲載されているというのもありますし、面白い漫画を探している方はチェックされると良いのかなと思います。

マンガは「ライフ」で読めたりするのですが、毎日ゆっくり読み進めるなら無料でも比較的読めます。

一度チェックしてみると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました