コミックDAYS(コミックデイズ)を使ってみた感想|メリット・デメリット

漫画(まんが)アプリ・サービス

ここでは【コミックDAYS(コミックデイズ)】について紹介したいと思います。

私も実際に「コミックDAYS(コミックデイズ)」を使ってみたので感想、メリット、デメリットなどを紹介したいと思います。

会員登録 不要で利用できる
漫画掲載数 まずまず約400作品
使いやすさ 使いやすい
無料で読める漫画 少し読める

コミックDAYS(コミックデイズ)とは

コミックDAYS(コミックデイズ)は講談社のサービスです。

最大の特徴は20誌400作品まとめて購読できるのはコミックDAYSだけというところです。

コミックDAYSではそこそこ無料で読める漫画もありますし、月額制の【もっとプレミアム】なら20のコミック誌が月額960円で読むことができます。

「週刊少年マガジン」「モーニング」「モーニング・ツー」「ヤングマガジン」「月刊ヤングマガジン」「ヤングマガジンサード」「イブニング」「アフタヌーン」「good!アフタヌーン」「Kiss」「ハツキス」「月刊少年シリウス」「月刊少年マガジン」「少年マガジンR」「少年マガジンエッジ」「デザート」「なかよし」「BE・LOVE」「別冊フレンド」「comic tint」

他にもオリジナルの作品も掲載されています。

ポイントをまとめると

・20誌400作品まとめて購読できる
・月額制の【もっとプレミアム】なら20のコミック誌が月額960円
・無料でも多少読めるものがある

では実際にコミックDAYS(コミックデイズ)を使ってみたので紹介したいと思います。

コミックDAYS(コミックデイズ)を実際に使ってみた感想

まずWEBとアプリがあります。

現時点ではWEBで無料会員登録すると100ptプレゼントされます。
私はアプリをダウンロードして利用してみることにしました。

アプリではチケットがあってチケット対象の漫画なら利用して読むことができます。
チケットは1話1チケットで読めて毎日1話読めます。

無料で読むならチケット対象の漫画で1日1話ずつということになります。

ただ、大体の漫画が初めの数話が無料でそのあとはポイントが必要でポイントは購入するという形になります。

あと雑誌をまとめて読むなら【もっとプレミアム】という月額制のサービスがあって20誌まとめて購読できて月額960円なので読みたい雑誌がいくつかあるならこちらですね。

ただ、月額制で他にもいろいろ読めるサービスはありますからそれらと比較してどうかですね。

ではコミックDAYS(コミックデイズ)のメリット・デメリットを見てみたいと思います。

コミックDAYS(コミックデイズ)のメリット・デメリット

コミックDAYS(コミックデイズ)のメリット

・アプリをダウンロードするだけで多少読める
・20雑誌まとめて月額制で読める

コミックDAYS(コミックデイズ)のデメリット

・無料で最後まで読み進められる漫画はほとんどない

こういった方におすすめ

・マガジンが好き
・課金してでもまとめて早く読みたい方

といったところかなと思います。

まとめ

WEBとアプリがありますが、アプリではチケットなどを利用して少しの作品が無料で読めたりします。

基本は初めの数話が無料であとはポイントを購入して読むという流れです。

雑誌まとめて定期購読もできるという感じのサービスになります。

一度チェックされてみると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました